同窓会概要

同窓生の
輪を広げる。

母校に誇りを持った同窓生の輪を広げ、
社会に貢献する魅力的な同窓会として、お役に立てる事を願っております。

精華会会長ごあいさつ

 同窓会の皆様には、平素から同窓会運営に深いご理解とご協力、ご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

 この度、通常総会において前期に引き続き、令和5年度および令和6年度の同窓会長に選任されました、国分実業高30回生、昭和53年農業科卒の前島利夫です。改めて、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 明治39年、窪田二郎先生によって精華学校が設置され、時代の変遷と共に精華商業学校、国分農業学校、国分実業高等学校、国分中央高等学校へと校名が変遷し、令和6年には創立118周年を迎えました。母校は現在、霧島市国分中央1丁目に凛として聳え立っており、23,000人以上の卒業生が世の先駆けの名に恥じない活躍をしております。

 国分中央高校は令和8年には創立120周年を迎えます。そこへ向けて、令和5年度には運営規定の大幅な改定とホームページ開設の準備を進めました。令和6年度では、①同窓会名簿の発刊 ②ホームページの開設 ③学年理事名簿の整理 ④創立120周年実行委員会設立、事業を推進してまいります。

 本会は今後、現役学生の支援を学校と一層細かく連携を行い、また会員においては、支部会、各部活OB会、後援会を含む組織化とネットワーク構築を進め、世代を超えた会員の結びつきを図ってまいります。

 最後に、同窓会会員の皆様のご意見を踏まえつつ、国分中央高等学校同窓会(精華会)がより良い形に発展することを心より祈念し、今後ともご協力賜りますようお願い申し上げます。

精華会会長 会長 前島 利夫(1976年卒)

会則

同窓会会則PDFファイル

組織図

役職名卒回氏名
会長高30前島 利夫
高26地頭薗 春海
高26梅北 悟
高29今村 和人
常任理事高34瀬戸口 さとみ
高44上田  望
高44小濱 千晴
高45松木 靖代
高46山本 史子
高47上田 加代子
監事高26西村 てる子
高34佐々木 浩司
顧問高21細山田 孝文
高22梅北 健児
特別顧問校長伊地知 健三
教頭濵屋 夏美
教頭門前 伸一
事務局長事務長脇 伸宏
会計
書記同窓会係岩下 みづよ
同窓会係橋本 正恵
同窓会係池田 あずさ